• 境内
  • 馬頭観音菩薩
  • ご本尊紹介
  • ご祈願
  • 動物祈願
関東管領上杉定正公の愛馬である「月影」供養のお寺として知られる古刹です。上杉定正公はあまり知られてはいませんが、太田道灌の主君にあたります。 太田道灌の活躍が、華々しくそれを嫉妬した道灌を暗殺したとも言われますが、愛馬を供養するためにお堂を、建てられるような優しい主君が自分の家来を、果たして暗殺するのでしょうか? 歴史はひもをといてもなかなか理解出来ないことが多々あります。 観音寺本堂は厚木市指定文化財に指定される貴重なお堂で、八角の柱は建築学上でも珍しいものとされます。 勢至菩薩の干支は「午」本尊馬頭観音も字の如く「午」これほどまでに揃うお寺は珍しいのではないでしょうか? ホームページの開設も記念すべき「午年」にスタートがきれることに喜びを隠せません。 是非とも午年の方、一度こちらの七沢観音寺へご参詣くださいませ。歴史ある当山へ御家族一緒にお参り致しましょう。